DearPatra「ディアパトラ」

女性のための美容情報サイト「ディアパトラ」

バストケア

バストアップクリームの効果的な塗り方と使い方とは?正しいバストケア方法を解説

更新日:

バストアップクリームの効果的な塗り方と使い方

バストアップクリームは、胸に直接塗るだけでふっくらバストにしてくれるので、誰でも簡単にできるバストアップ方法の1つです。

しかし、正しい塗り方と使い方をしないと、バストアップの効果を実感することができません。

そこで、ここでは、

バストアップクリームの効果的な塗り方と使い方について解説します。

また、

についても詳しく解説します。

バストアップクリームの効果的な塗り方と使い方とは?

バストアップクリームの効果的な塗り方と使い方

バストアップクリームは、塗り方と使い方しだいで効果が変わってきます。

バストアップに効果的な塗り方と使い方は、

  • お風呂上りにマッサージしながら塗る
  • 決められた量を塗る
  • 毎日継続して使う

この3つがポイントです。

次に3つのポイントについて詳しく解説します。

朝とお風呂上りにマッサージをしながら塗る

バストアップクリームを塗るタイミングは、朝とお風呂上りです。

お風呂上りは、身体が温まり代謝が上がって血行が良くなっているため、皮膚や筋肉が柔らく、マッサージ効果が高くなります。

また、バストアップクリームを使用して、バストをマッサージすることで、クリームの成分が肌に浸透しやすくなり、入浴によって乾燥した肌に潤いを与えてくれます。

バストアップに有効な成分が、直接肌に働きかけてくれるので、ふっくらとしたハリのあるバストをつくることができます。

バストアップに効果的なマッサージ方法とは?

【A→Dcup】バストアップマッサージやり方

ポイントまとめ


●バストアップクリームはバストのみ。その他の部位はボディクリームを使用
●手首~二の腕~バストへ脂肪を流すイメージで
●下っ腹、腰、背中の脂肪をバストへ
●下からバストを持ち上げながら、外側から円を描くイメージで優しくマッサージ

動画で使用しているバストアップクリーム【ラ・シュシュ】やその他おすすめバストアップクリームを見る>

決められた量を塗る

バストアップクリームは、ただなんとなく肌に塗るだけでは効果は期待できません。

また、クリームを多量に塗れば、バストアップ効果が高くなるわけではありませんので、
決められた量をしっかり塗るようにしましょう。

商品の裏面に使用方法が記載されていれば、記載されている量を塗り、適量もしくは記載されていなければ、片胸あたり100円玉ぐらいの大きさが目安となります。

毎日継続して塗る

バストアップクリームの効果を最大限に得るためには、毎日継続して塗ることが大切です。

年齢によって異なりますが、肌のターンオーバーは約28日周期で、大抵の人が1ヵ月前後で肌の大部分が生まれ変わったように感じます。

そのため、最低でも約1ヵ月は毎日継続して使い、バストアップ効果を見る一つのポイントになります。

バストアップクリームを塗るときの注意点とは?

バストアップクリームを塗るときの注意点

バストアップクリームは、肌に直接塗るものなので、敏感肌など肌が弱い人は使用する際、配合されている成分に気を付けなければいけません。

また、妊娠期や授乳期は、いつも以上に肌がデリケートな状態なので、肌トラブルを起こしやすく注意が必要です。

肌に合っているものか確かめる

バストアップクリームを塗る前に、自分の肌に合っているかどうか確認するようにしましょう。

バストアップクリームの商品の中でも、敏感肌でも使用できる無添加のものもあり、基本的には安全です。

しかし、「買ってみたけど、合わなかった…」とならないためにも、配合されている成分を確認し、敏感肌など肌に自信がない人は、使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

肌を強くこすらない

バストアップクリームを塗るときは、肌への摩擦を軽くすることが大切です。

肌が赤くなったり痛みが出るほど強く擦ることは、肌に負担をかけ痛める原因となります。

バストマッサージのポイントは、丁寧にスローペースで心身ともにリラックスを心がけましょう。

妊娠中は使用しない

妊娠中のバストマッサージは、子宮への刺激に繋がることもあるため、バストアップクリームは使用しないようにしましょう。

なぜなら、バストマッサージをすることにより、オキシトシンというホルモンの分泌が盛んになり、子宮を収縮させる作用があるため、早産のリスクが高くなるからです。

しかし、最近では、母乳育児をスムーズに進めるため、妊娠中にバストマッサージを推奨する産院も増えています。

お腹が張りやすくなるなどのリスクもありますので、バストマッサージが必要かどうかは、医師や助産師に相談し指示に従うようにしましょう。

授乳中はきれいにふき取る

授乳中にバストアップクリームを使用する際は、きれいに拭き取るようにしましょう。

バストトップは、直接赤ちゃんの口に触れる部位なので、授乳の際は、濡れコットンや清浄綿でバスト全体をきれいに拭き取り清潔な状態で授乳すると安心です。

バストアップクリームを塗るだけではダメ?効果を高めるために大切な食生活と生活習慣

効果を高めるために大切な食生活と生活習慣

バストアップするためには、バストマッサージで日々お手入れすることも必要ですが、
普段の食事や生活習慣にも気を付けることも大切です。

  • たんぱく質中心の和定食で食生活を改善する
  • 適度な運動と質の良い睡眠で規則正しい生活をする
  • 目的に応じてブラを使い分ける

それぞれについて、解説します。

たんぱく質中心の和定食で食生活を改善する

たんぱく質中心の和定食で食生活を改善

バストアップのためには、たんぱく質豊富な食材を摂るようにしましょう。

たんぱく質には、女性ホルモンを促す働きがあり、積極的に摂ってほしい食材です。
特に、大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれます。

エストロゲンの働きは、

  • 乳腺細胞を増やしバストの形成を促す
  • 肌の新陳代謝を促進
  • 髪のツヤやハリを保つ
  • 卵巣内の細胞を成熟させて卵子を育て、排卵に備える
  • コレステロールの増加を抑えて動脈硬化を防ぐ

など、女性にとって嬉しい効果があります。

納豆や味噌など、手軽に摂れるものに多く含まれていますので、和食中心の食生活がオススメです。

質の良い睡眠で規則正しい生活をする

質の良い睡眠で規則正しい生活をする

質の良い睡眠をとることでバストアップ効果が期待できます。

一般的に、夜22時~2時の間に成長ホルモンが活発に分泌されていると言われていますが、
実は女性ホルモンも同様で、その時間帯に就寝していることは、健康にはもちろんバストアップ効果があると言われています。

しかし、夜の22時に寝るのは難しい人も多いでしょう。

そんな人は、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

質の良い睡眠をとるためには、

  • 寝る直前はテレビやスマホなどの明るい光を避ける
  • 寝る前に軽いストレッチをする
  • リラックス効果のあるアロマを活用

など、質の良い睡眠を身に着けてみてください。

目的に応じてブラを使い分ける

目的に応じてブラを使い分ける

ブラには、バストにボリュームを出すものから、バストを小さく見せるブラ、寝るとき用のブラなど、様々な用途のブラがあります。

それぞれ機能も異なるため、シーンによって使い分けるようにしましょう。

日中はワイヤー入りのブラで、バストの揺れや脂肪が流れ出ないように固定し、寝るときは
リラックスできる締め付け感の少ないナイトブラ、スポーツするときは、バストの揺れや衝撃から守るためにスポーツブラを着用しましょう。

洋服と同じように、使用するシーンに応じてブラを使い分けることで、バストを美しく保つことができます。

夜寝るとき用のナイトブラ人気の23商品を比較して紹介しています。

まとめ

バストを美しく保つためにも、外側からのケアだけでなく、質の良い睡眠や食事など、内側からのケアも心がけることが大切です。
また、バストアップクリームは、塗り方と使い方しだいで効果が変わってきますので、正しい塗り方や使い方を押さえて理想のバストを目指してくださいね。

-バストケア

Copyright© DearPatra「ディアパトラ」 , 2019 All Rights Reserved.